30歳からの転職が厳しい中で中途採用される人に求められている感覚

「会社は何を期待しているのか」を理解する

30歳からの転職で期待されること

 

30歳を過ぎると中途採用での転職は条件も含めて厳しいと感じますよね。

 

厳しい転職環境で、中途採用されるには企業が30歳以上に求める感覚を知っておくと、どういう人を雇いたいのかが理解できます。

 

企業が30歳以上の人に求めるのは、即戦力はもちろんですが、経営者としての感覚を持っていることです。

 

経営者の感覚といっても、経営者ぶって講釈をたれるというわけではありません。

 

自腹を切って人を雇うとしたら、どんな人を雇いたいか?と考えると経営者としての感覚を持つことができます。


不平不満ばかり言う人は経営者の視点に立てない

30歳の転職は厳しい

 

30歳からの厳しい転職市場で採用される人は、従業員としての立場だけでなく、経営者としての視点に立てる人です。

 

経営者が何を望んでいるかがわかるから、求められていることを提供できるし、管理職を気遣ったり、助けたりする行動ができます。

 

これに対して、30歳で成長が止まってしまい中途採用されない人は、自分たちの立場や権利を守ろうとして、ネガティブ発言を繰り返します。

 

転職しようとする前の会社でこんな発言をしていたら、要注意です。

 

  • 「一生懸命やっているのに、どうしてそれを評価しようとしないの?
  • 「会社は利益を出しているんだから、もっと還元してほしい」
  • 「有給休暇は、国民の権利だから、取れないわけがないでしょう」

 

こういった言葉を経営者の立場から言うと

 

  • 「一生懸命やっていても成果が出ていないんだから、評価のしようがない」
  • 「今期、利益を出しても、これまでの赤字や来季の投資に回さなきゃいけない」
  • 「いくら国民の権利であっても、職場全体が休めない状況で休んでもらっては困る」

 

と言うことになるんですね。

 

 

不平不満・悪口・文句を聞かされている方からすれば、逃げたくなりますよね。


 

自分でお金を払って人を雇っていることを想像してみると、こう言う従業員は雇いたくない、と心から思いますよね。

 

これが、もし自分が雇う場合だったら、と考えるということですね。


仕事ができないことも雇いたくない条件ですが、一番雇いたくないのは不満を口にして、他のスタッフのモチベーションを下げてしまう人です。

 

もちろん、そんな人をうまく使えない会社にも責任はあります。

 

影響力があるベテランだとなおさらで、「やめさせたいけど、そんな理由ではやめさせられない」というのが、経営者の悩みです。

 

従業員の立場でいれば、働いて赤字ってことはまずないので、仕事のことだけを考えたら経営者より何十倍も楽です。

 

特に、技術や資格があると、自分で独立してやっていけると勘違いしてしまう人もいます。

 

でも、経営となると、家賃、光熱費、通信費、広告費、税金など目に見えない経費もかかります。

 

しかも、仕事が終わった後に経理などのまとめ作業や営業活動をすることにもなり、従業員でいる時よりもずっとハードな生活になります。

 

「会社組織にいると守られている」感覚を持っているか

厳しい30歳からの転職

 

会社や組織の中から飛び出してみると、「いかに自分が守られていたか」に気がつくはずです。

 

30歳代以降になると、転職ができないから独立を考える人もいます。

 

そういう人が、一番身にしみて感じるのが「会社の名前で守られていた」という感覚です。

 

給与や保険などもそうですが、組織の名前があるからこそ守られているんです。

 

 

顧客との付き合いができたり、トラブルに対応してもらえたり、会社内で勉強させてもらったりできるんですね。


 

会社からもらっているものは、給与以外は見えにくいものですが、他にもたくさんのものを与えてもらっていることをに認識しておいたほうがいいいです。


会社の目的は、利益を追求することです。

 

だから、その利益を上げるために積極的に関わっていく気持ちが大事です。

 

今年はどれだけの売り上げで、どれだけの営業利益を出しているのか、経費はいくらかかっているのかくらいもわからないで、他の会社に転職しようとしても、同じ結果になります。

 

また、その利益を追求するためには、いい商品やサービスを提供することが不可欠ですが、その背景に、プランティングや広告宣伝、人材育成、新規事業、販路開拓など、様々な戦略があります。

 

30歳を過ぎると、従業員の立場から新しいステージに移ることが組織からも期待されてきます。

 

30歳からの転職が厳しい中で中途採用される人に求められている感覚とは、経営者の広く長期的な視点で見て、会社はここを期待するだろう、と自分から貢献できる感覚を持てる人です。

 

30歳からの中途採用では、どんなに優秀に思える人材でも募集している職種にあわなければ採用しません。

 

質の高い会社は、新聞や雑誌、インターネットで中途採用を一般公開していません。

 

公開していても、求人欄には会社側にとって都合の悪い職場の情報は絶対に載せません。

 

非公開求人が多い実績ある転職サイトへの無料登録で、30歳からの中途採用に特有の面接・転職のコツ、知られてない情報や案件を、転職エージェントが教えてくれます!

非公開求人が多いリクルートエージェント(無料です)



中途採用でのマナー 自己アピール方法 仕事別「中途採用」 中途採用の企業情報 コラム