中途採用で派遣社員から正社員になるメリットとデメリット

人材派遣会社を通じて正社員になる方法もある

派遣会社から正社員へ

 

派遣社員って一般的に「不安定」な立場ですよね。

 

今は、新卒でも一般の正社員とは異なって、派遣社員として仕事に就く人が増加しています。

 

一回企業に就職し、いきなり中途採用で正社員になるのではなく、派遣会社を通じて正社員になる方法を選択する人もいます。

 

まずは、人材派遣会社に個人情報(能力・資格・技能など)や希望する職種・勤務時間・勤務地・給料(時給)など登録します。

 

するとほぼ希望にあった業種の企業に派遣され(もしいやなら断ることもできる)、そこで派遣社員として契約した期間だけ、契約した仕事をすることになります。

 

転職して中途採用される場合に、派遣社員として働くことのメリットとデメリットの両方があります。

 

派遣社員になるメリット→自分の意思で働き方を選択できる

派遣社員になるデメリット→派遣で働いた期間はキャリアに評価されない

 


派遣社員で働くことのメリット

自分の意思で働き方を選択できる

 

雇用形態は一般の正社員とは異なって、労働契約は派遣会社と結ぶことになり、給料や労働時間等の勤務条件は派遣会社との取り決めに従うことになります。

 

給与や労働条件、勤務形態は派遣先企業ではなく、派遣会社との取り決めに従います。

 

社会保険等も派遣会社が完備していれば加入できます。

 

となると、派遣社員は正社員と比べると、時給制なので収入は低いのですが、人間関係に悩まされることもなく、配置転換されることもありません。

 

自分の意思で働き方を選択できるというメリットがあります。

 

また、派遣会社によってはスキルアップのための研修も派遣会社で用意しているところもあります。

 

テクニカルサポートや、キャリァァップ・資格取得のための教育研修制度が充実しているところもあります。

 

従来は派遣法で対象業務は専門職などに限定されていましたが、近年の改正で対象業務が一部を残してほぼ自由化されました。

 

これによって企業も人件費の削減のために従業員数を削減してそこに派遣社員を配置したり、パート・アルバイト的な仕事も派遣社員に請け負わせることもあります。

 

パート・アルバイトの採用の手間や時間、教育指導を考えるとコスト的にも能力的にも派遣社員のほうが有利だからです。

 

派遣社員から派遣先企業の正社員として採用される

 

 

人材派遣会社も人材紹介会社と同様に、かなりの数がありますよね。


 

 

派遣会社も規模やサービス内容、外資系、企業系列会社など様々ですね。

 

登録する際には、派遣後のトラブルがあったときの解決・相談窓口があるか、教育施設や制度・システムは充実しているか、コーディネーターの対応はよいかなどをよく見て複数の会社に登録するのもよいでしょう。


その派遣会社に登録すると、「派遣社員」から正社員という選択もあります。

 

転職して中途採用されるには基準が厳しいので、正社員にならずに派遣社員に流れる傾向が以前からあったのですが、一層これに拍車がかかっているのが2017年になってからです。

 

派遣として会社の様子を見て、正社員になるという、ある意味で試用期間のような形です。

 

一定期間は派遣社員として最初に働いてから、直接雇用が選択ができる紹介予定派遣制度という方法をとっているところもありますよね。

 

派遣は転職の抜け道となる?正社員にこだわる必要がない時代です。派遣社員で働きながら正社員を狙う方法もあります。

 

新卒の派遣登録が増えている

中途採用の派遣

 

間接部門の外注化に伴って、派遣社員の需要が高まって、それとともに登録者も急増しています。

 

リストラが進んでいる中で、従業員数の抑制策として、安い労働力の派遣社員を利用する企業が増える傾向にあります。

 

ここに正社員になれなかった大卒者が派遣社員として就労するケースもあります。

 

派遣会社は研修機関が充実している上に、上場企業や外資系企業など自力では入り込めなかった企業に派遣されるというメリットがあるからです。

 

これは、一度正社員で就職してみたものの、ブラック企業だったり自分には合わないと感じて、転職を考える人にも同じメリットがあります。

 

派遣社員をするデメリット

 

派遣で働いた期間はキャリアに評価されない

 

派遣法が改正される前の頃は、専門的な仕事を派遣社員が請け負うというのでしたが、今は実態として一般事務や雑用するといったケースが増えています。

 

派遣法の改正によって、職種制限がなくなったことで派遣社員が広域の職種で利用されることになって、正社員だけでなくアルバイトやパートの領域にも派遣を利用する企業も出てきています。

 

アルバイトやパートを採用する手間やコスト、仕事の能力なを考えると派遣社員のほうがコストにあうからです。

 

このような事情から、派遣社員として働いた期間はキャリアとして評価しないという企業がでてきました。

 

これまでは専門職として派遣で働いた期間は十分評価に値するとして、転職の際に考慮されていたのですが、これからは職種によっては単なるアルバイト扱いと見られることもあると認識しておいたほうがよいでしょう。

 

とはいえ、派遣社員から正社員に登用するという企業も増えているのも事実です。

 

派遣期間をいわゆる試用期間と見立てるので、企業にとっても、派遣される人にとっても好都合なのです。

 

中途採用の際に派遣社員になるにあたって、自分の意思で働き方を選択できるになるメリットと、派遣で働いた期間はキャリアに評価されないデメリットがあることを認識しておきたいですね。

 

中途採用では、どんなに優秀に思える人材でも募集している職種にあわなければ採用しません。

 

質の高い会社は、新聞や雑誌で中途採用を一般公開していません。

 

公開していても、求人欄には会社側にとって都合の悪い職場の情報は絶対に載せません。

 

非公開求人が多い実績ある転職サイトへの無料登録で、中途採用に特有の面接・転職のコツ、知られてない情報や案件を、転職エージェントが教えてくれます!

登録簡単!リクルートエージェント
リクルートエージェント


中途採用でのマナー 自己アピール方法 仕事別「中途採用」 中途採用の企業情報 コラム