中途採用で翻訳の仕事ができる

翻訳の仕事は実力次第

留学経験があったり、英語や外国語が読み書きできる人は、フリーランスとして翻訳の仕事をしています。

 

しかし、フリーランスの場合、安定した報酬がないので、中途採用で翻訳の仕事に就きたい、という方もいます。

 

中途採用で企業が欲しい人材は、即戦力です。だから、英語が読み書きできる程度であれば、英語が読みかできる優秀な翻訳ソフトが最近では多数あります。一般的な英語能力や、英字新聞が読める程度での翻訳の力では、即戦力になりません。

 

翻訳の仕事に資格はいらない

また、中途採用で翻訳の仕事をしようと考えるとき、あまり経験がない場合は、資格を取得して有利に持っていこう!と考える方もいます。

 

最近では、英語はTOEICや英検だけでなく、翻訳実務検定やほんやく検定という資格もあります。

 

ただ、翻訳会社への中途採用での就職を考えるならば、これらの資格は不利にはなりませんが、決して有利にはなりません。

 

翻訳関係の仕事は経験と実力が最も求められているからです。

 

翻訳は実績と実力の世界なので、翻訳実務検定ができたからと言って専門的な翻訳ができるわけではありません。ましてや、翻訳実務検定合格で本の出版ができるわけではないのは想像できますよね

 

だから、中途採用で有利に翻訳の仕事を就くために、という考えならば、資格はいりません。

 

それよりも、大きな翻訳会社に応募した方がいいでしょう。採用されても、最初はおおきな仕事ないのはまちがいないです。本格的に翻訳の仕事をしたいのであれば、専門的でよりニッチな分野の翻訳の方が報酬は大きいです。

 

そして、翻訳の会社に就職するには、会社が経営している翻訳の専門学校やコースを出るのは近道です。

 

その学校に進みながら、専門分野の開拓することで、翻訳の仕事とが一人前として認知されるでしょう。

 

中途採用で翻訳の仕事ができる会社に勤務するのに資格はいらない関連ページ

アナウンサーの中途採用
アナウンサーへの転職を考えて、 中途採用されるならば、狭き門であることを覚悟しなければなりません。アナウンサーはほとんどが新卒を採用するので、中途採用でアナウンサーになるのはそれなりの努力と情報が必要です。
地方公務員を中途採用で採用されるには
中途採用でも地方公務員は公務員試験に合格することが大前提になります。もちろん、今までの経験や知識も必要です。
IT業界の中途採用で求められている人の能力「主体性」
IT業界の中途採用で必要なのは、コミュニケーション力。いまは売り手のIT業界で転職するのに求められている能力は主体性がある人です。
保育士の中途採用
中途採用は一般的には即戦力が求められていますが、保育士の場合は人間関係など働きやすい職場のチェックは必要です。女性が多い職場で上下関係があるからです。給料もあらかじめチャンと確認して老いた方がいいですよ。