中途採用の面接でのチェックポイントで企業が見ているものとは?

中途採用の面接で企業が何を見ようとするの?

書類選考や筆記試験に受かり、面接となると意気込みも違ってきますよね。

 

特に中途採用市場は、年齢が高くなるほど就職が厳しい状況になると、何が何でも合格したいという気持ちは分かります。

 

書類選考や筆記試験に受かり、面接となると意気込みも違ってきますよね。

 

特に中途採用市場は、年齢が高くなるほど就職が厳しい状況になると、何が何でも合格したいという気持ちは分かります。

 

転職をするに際して、面接する際に企業が見ているものは何か。ぺこぺことへつらう態度はだめです。

 

中途採用の面接でのチェックポイントは、企業が見る認識を押さえ、「できること」と「やりたいこと」を明確にして、毅然と自分の意思を表明しましょう。

 


「がんばります」のオウム返しだけはやめる

「がんばります」のオウム返しをしない面接

 

中途採用で転職するときに、「採用してくださるのでしたら、何でもやります。頑張ります」を連呼するのはやめた方がいいです。

 

面接時に企業への意気込みを表現する段になって、こういう人が非常に多い現実もあります。

 

面接というのは、応募者の「頑張ります・働きたい」のパフォーマンスに採点する場ではありません。

 

面接で採用側がポイントを置くのは「必要としている人材であるか」ということです。

 

つまり、これから配属する予定の部署ですぐに戦力となるだけの実力・能力・技術を備えているか、さらに将来性の有無です。

 

どんなにやる気があっても中途採用で企業に採用されて、その企業が求める力がなければダメと言うことです。

 

受けようと思う企業ではどういう人材を求めているか、そして自分はそれに応えられるかを見極めること面接でのチェックポイントとして大切です。

 

できることとやりたいこと

 

もう一つのポイントは、「できること」「やりたいこと」を明確にしているかということです。

 

派遣社員に関する法律の改正されてから後は、正社員に求められる力量はレベルが高くなっているのは事実です。

 

極端に言えば、これまでの一般職の職務はアウトソーシング化したり、派遣社員に任せたりして、総合職の職務を正社員が担うというようになっていく傾向にあります。

 

このとき「仕事に対する姿勢、目標」を明確にしていて、それを会社の向かう方向に合わせて全力投していける人だけが必要となってくるのです。

 

中途採用の転職をする際に、どの会社にも同じ内容の履歴書を送ってはいけないと同じように、面接でもどの会社でも同じ受け応えをしていては足元を見られます。

 

非常にしっかりしていて一見優秀な人が、転職ではなかなか決まらないことがよくあります。

 

それは、やはり中途採用の面接でのチェックポイントで企業が見ることの認識が足りないのではないことが多いからです。

 

「がんばります」のオウム返しでなく、「できること」「やりたいこと」を明確にして面接に臨むことがポイントになります。

 

中途採用では、どんなに優秀に思える人材でも募集している職種にあわなければ採用しません。

 

質の高い会社は、新聞や雑誌で中途採用を一般公開していません。

 

公開していても、求人欄には会社側にとって都合の悪い職場の情報は絶対に載せません。

 

非公開求人が多い実績ある転職サイトへの無料登録で、中途採用に特有の面接・転職のコツ、知られてない情報や案件を、転職エージェントが教えてくれます!

登録簡単!リクルートエージェント
リクルートエージェント


中途採用でのマナー 自己アピール方法 仕事別「中途採用」 中途採用の企業情報 コラム