成果主義の弊害を乗り越えられるかを認識して転職したほうがいい理由

全ての人が成果主義の会社が合うとは限らない

成果主義の弊害を乗り越えられるかを認識して転職したほうがいい理由

 

平成になってから特に、企業での仕事の評価は 成果主義 をとるようになってきました。

 

評価方法は様々ですが、確かに、できる人にとっては成果主義はすばらしい制度かもしれません。

 

反面、成果主義によって、意気消沈してしまう人も少なくありません。

 

中途採用で転職を考えているなら、成果主義の弊害を自分が乗り越えられるかを考えながら、転職するべきでしょう。


成果主義の弊害とは

そもそも「成果主義」とは何か、定義らしきものはないですよね。

 

今のところ、個人の成果を報酬に反映させることを成果主義と言っているような感もあります。

 

個人のモチベーションが上がる→成績が上がる→企業が上向きになる→だから成果主義はいい

 

というような単純な考え方ですよね。

 

もともと日本では大企業を中心に年功序列型の会社が多かったわけです。

 

だから、欧米流の成果主義は日本の企業風土にはあわないのではないか?って言われることもあります。

 

年功序列が成績順になると、足の引っ張り合いになり、社員がみんなライバルになって、職場の雰囲気が悪化してしまいがちです。

 

成果主義の弊害が出てきたんですね。

 

無理に成果主義にして、かえって業績が悪くなった日本企業も、実際にあります。

 

成果主義はこれからも続く

成果主義の弊害を乗り越えられるかを認識して転職したほうがいい理由

 

ここ20年ぐらいの日本の企業自体が変化してきていて、会社では多かれ少なかれ、成果主義制度を導入しているところが多くなってきています。

 

成果主義は悪いことばかりではないですが、組織に属する全員が成果主義でやっていくのは無理です。

 

人は必ずしも前向きな思考の人ばかりではないですよね。

 

一方で、昔からの年功序列制のもとでは、将来の職に関して暗黙の契約が成り立っていました。

 

業績と処遇の関係があいまいだったからこそ、上司と部下の共存共栄を保つことができました。

 

成果主義はその曖昧さを崩したところに抜き差しならない状態を作ってしまったんですね。

 

だから、成果主義の運用も、最近では曖昧に使っている会社も多いです。

 

処遇に対する不平不満は昔からあったのですが、バブル期までは賃金上昇のトレンドがあったので、人事考課の信頼が崩れなかった可能性があります。

 

しかし、社内の人口構成が逆ピラミッド化して、昇進が厳しくなる中で、その矛盾が隠せなくなってきました。

 

そこに成果主義を導入しても中途半端になるだけで本質的な解決にはなりません。

 

特に30歳代以降の中途採用希望をしている人は、将来の不安とストレスを抱えていることが多いですよね。

 

その不安とストレスを解消するには、アンバランスになってきている処遇と成果主義の功罪の関係が自分に合うのかどうかを、もう一度考えることが必要です。

 

中途採用では、即戦力が期待されているので、成果主義もプレッシャーになりますよね。

 

成果主義の弊害を、乗り越えられるかを認識して転職したほうがいい理由は、将来の不安とストレスに耐えられるかにかかっているからです。

 

中途採用では、どんなに優秀に思える人材でも募集している職種にあわなければ採用しません。

 

質の高い会社は、新聞や雑誌、インターネットで中途採用を一般公開していません。

 

公開していても、求人欄には会社側にとって都合の悪い職場の情報は絶対に載せません。

 

非公開求人が多い実績ある転職サイトへの無料登録で、中途採用に特有の面接・転職のコツ、知られてない情報や成果主義の会社か否かの案件を、転職エージェントが教えてくれます!

登録簡単!リクルートエージェント
リクルートエージェント


中途採用でのマナー 自己アピール方法 仕事別「中途採用」 中途採用の企業情報 コラム