保育士の中途採用

仕事環境を知ってから保育士になるのがベスト

保育士は一般的には、OLなどと比較して基本給が低いです。おおよそ手当と合わせても10万円台そこそこです。

 

それは、中途採用されても大きく変わることはありません。もし、保育士の資格はあるけど、未経験な場合はそれこそ初任給と一緒です。

 

基本給は低いがボーナスが多いという場合もありますが、それは保育士は辞めていく人が多いという理由もあるようです。

 

そんな保育士ですが、なかなか仕事が見つからない場合は、採用してもらえるだけありがたい、と思うことがあります。


保育士の働きやすい職場を見つけるには?

実際に、内定をもらって勤務を始めると、本当のところは、「人間関係が悪い」「勉強会が多い」「園長からの嫌み」など給料だけを我慢すればいい、と思っていたこと以上に、働きやすい職場でないことがわかることがあります。

 

そんな環境で保育士の仕事をしていても、後々は鬱になって辞めるか、体を壊してしまうだけです。

 

もし、内定をもらっても迷いがあるくらいなら入職後はもっと大変ですから、積極的に就職活動をしましょう。

 

いままでも保育の現場で働いていた、というならよくわかるかもしれませんが、人間関係が大変で女性ばかりの職場だと、上下関係があります。

 

その環境が自分にマッチしていれば、働きやすい職場になるのですが、採用面接を受けただけではどんな風な働きやすい保育園・幼稚園かはわかりません。

 

そんなときには、保育士の転職支援サービスに登録するのがお勧めです。

 

 

保育士ってあんまり仕事がなかったり、見つからないので、求人があるだけでもありがたく思ってしまうんですよね。


 

たしかに、一般に出されている保育士の求人は少ないので、そう見えるかもしれません。

 

でも、実際には公開されていない求人が多くありますよ。


転職支援サービスのスタッフは、保育園や幼稚園に出向いていて、働く前にどんな環境の職場かの情報を持っています。

 

また、一般には公開されていない保育士の非公開求人があります。

 

転職を繰り返してしまう人は自分だけの判断で勤務先を決めています。

 

保育士の中途採用では、どんなに優秀に思える人材でも募集している職種にあわなければ採用しません。

 

質の高い環境の所は、新聞や雑誌で中途採用を一般公開していません。

 

公開していても、求人欄には会社側にとって都合の悪い職場の情報は絶対に載せません。

 

非公開求人が多く、実績のある転職支援サイトに登録すると、保育士の中途採用に特有の面接・転職のコツ、非公開の情報や希望する案件の情報を教えてくれます!

 

無料で情報をもらって相談もできるサービスへの登録をすると失敗しない保育士の転職ができます。

 

保育士の転職支援サービス

 



中途採用でのマナー 自己アピール方法 仕事別「中途採用」 中途採用の企業情報 コラム